スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のTriton Lab。結果は良好!

Triton Labの水質検査。前回が1/28の飼育水で、今回が3/29なので、
2カ月間の変化を確認したいと思います。

この間、無換水で(去年の12月の頭からなので4か月間、換水無しですね。。。)、
添加剤は前回追加したKZのAutomatic系とドーシングポンプで自動化したものくらいです。

メチャ手抜きを続けてましたが、結果はおおむね良好でした!

Triton ICP 2015 03 29 1
Triton ICP 2015 03 29 2


前回は比重が高め(37%)だったのが、今回は35%に調整した影響もあり、
Mgが少し不足気味のようですね。
イエローカードは前回の2個(MoとIが過剰)から1個(Iが過剰)に改善してます。

重金属系
だいたいゼロをキープしてますね。
Al 2.47 → 0.00 (基準値 2.00)
基準値以下ですが問題ないようです。


マクロエレメント系
Ca 503 → 459 (基準値440)
Mg 1422 → 1338 (基準値1370) 添加推奨 
K 433 → 404 (基準値400) 
B  4.16 → 4.91 (基準値4.50)
Sr 4.19 → 4.87 (基準値8.00) 添加推奨

マグネシウムが基準値を少し下回っているのと、
ストロンチウムが結構足りないですね。
ストロンチウムは不足してるけどグリーンのままってのは、それほど気にしなくてもよいのでしょうか。

Bが増えているのはAutomatic B-Balanceの効果かな。


Liグループ
Li 221 → 231 (基準値200)
Ni 0.00 → 0.00 (基準値5.00) 添加推奨
Mo 15.35 → 14.63 (基準値12.00)

いまだにMoは過剰気味ですが、イエローからグリーンに変わっているので許容範囲内ということか。
水替え無しで減ってるんで消費されてるか、スキマーで排出されているか、でしょうか。
相変わらず、Niを添加するように、という指示がでてますね。


Iグループ
V 0.00 → 0.00 (基準値 1.20) 添加推奨
Zn 0.00 → 1.68 (基準値 4.00) 添加推奨
Mn 0.00 → 0.00 (基準値 2.00) 添加推奨
I 138 → 105 (基準値 60) イエロー!

ここは、VもZnもMnも不足気味だけど、
ヨウ素が過剰みたい。
そういえば、ヨウ素は転嫁が重複してました。
Automatic Potassium Iodideが規定量の1/4
Dosing PumpしてるMix溶液のなかにヨウ化カリウムが規定の57%
合計で規定量の82%投入してます。

他がだいたい規定量の20-25%に設定してちょうどよいので、
ヨウ素を減らした方がいいみたい、、、、、だけどどうすれば!?


Feグループ
CrもCoもFeも全部ゼロです!
Automatic Ironは全く役に立ってないのか消費されてるのか。。。。


Baグループ
Ba 6.74 → 4.73 (規定量 10.00) 特に追加の指示無し
Be 0.00 → 0.00 (規定量 0.00)


Siグループ
Si 142 → 225 (規定量 100) なぜか増えてる? どこから湧いてきてるのか。 海藻が溶けて放出?


栄養塩
P 5.75 → 4.44 (規定量 6.00) ちょっと減ってますね。



今後の対策としては、分かりやすいのはMgとSr。
Mgの強化 → Mix溶液に マグネシウム粉末(どこかにあったはず)を入れてみよう
Srの強化 → Mix溶液にSrを追加しよう。確か前回100g入れてこの水準だから、もう100g足してみよう。
確か設定がKZと合わせて規定量の30%だったたので、これで50%になるはず。

そして、困るのがNi、V、Zn、Mnか。。。。
トリトンで行くしかないのか、

Niの添加 → 50ml添加
Vの添加  → 1.2ml添加、更に毎日0.08mlずつ添加を続けろとの事
Znの添加 → 2.32ml添加、更に毎日0.23mlずつ添加し続けろとの事
Mnの添加 → 20ml添加、さらに毎日1.67mlずつ添加し続けろとの事

当初+1年分で必要な分量は、
Niが50ml  
Vが1.2 + 29ml  
Znが2.3 + 84ml
Mnが20 + 500ml

それぞれ100ml瓶あたり
ドイツのショップだと10.84 Euro、国内ショップだと4000円か。。。。

毎度この価格差には悩まされます。
Euro下がってるしなー。










スポンサーサイト

Triton Labの結果が来た!

とりあえず結果貼ってみます。
パッと見そんなに問題はなさそうです!

気になるところは、イエローカードが出てる過剰ぎみの2点。

I ヨウ素 が過剰みたい。
年始に自作添加剤を適当に入れてたのが良くなかったのかな。
この前自動化したのでそれで過剰添加は止まるはず、と思います。

Moモリブデンもちょっと過剰気味みたい。
って、これどっから入ったんだろ。
Zeo添加剤に含まれてるんだろうか。。。。。

その他グリーン表示だけど、一応不足気味っぽいのが、
Srストロンチウム、Bホウ素、Niニッケル、Vバナジウム、Zn亜鉛、Mnマンガン。
うーむ。Srはドーシングポンプで入れたけど、他はなんでしょうね。
Tritonから単元素の添加剤買って微調整が必要なんでしょうかねぇ。

PO4はハタゴ投入以降ちょっと上がり気味だったので、
もっと高いかと思ってたら意外と適正値でした!

Triton ICP 2015 01 28 1
Triton ICP 2015 01 28 2

水質検査の続き~HANNAはんごめんなさい~

HANNAのリンチェッカーですが、
もう一度測定方法を見直してみることにしました。


一度ボタンを押してから、
試薬を入れたあともう一度セットするまでの2分間の間に、
説明書には「溶けるまで振る」というようなことが書いてあったと思います。

思い返してみると今までは、結構適当に振って溶け残りがありつつも
電源切れる前に入れなきゃってことで、さくっと測定してた気がします。

今回は、
死ぬ気で振りまくりました。


そして結果、、、、

PO4 Apr 27 2

まずは、ppmはというと、0.03ppm
前よりも上がってますがまぁ誤差の範囲でしょう。
ちょっと悔しいですが。


ppbはというと、

PO4 Apr 27 1

え? 5ppb=0.015ppm??
めっちゃ低くない!?!? 

あまりにも良すぎて心配なので、もう一回。

PO4 Apr 27 3

今度は10ppb=0.03ppm
うーん、1回目と2回目は誤差の範囲内ですし、
ppmバージョンとppbバージョン、しっかり一致してしまいました。

どうやら、振り&溶けが甘かったようです。 

HANNA様、ぐちぐち文句言ってホンマすんません。
たくさん買ったので許してつかーさい!!!


ちゅーわけで、我が家のメイン水槽のリンは0.01~0.03ppmだそうです。
これは結構アリなんじゃないですかね。

さらにペレットの流速上げれば、ppbでもゼロとかなっちゃったりして!
おっと、その前に他の測定も。


<ヨウ素>

ヨウ素の添加を全くやめてる間は確かに調子が良くなかったような気がします。

自作ヨウ化カリウムで添加するなら、ヨウ素をきちんと把握しなきゃいかんですが、
レッドシーの試薬はいまいち、どのくらいなのかわからんです。

というわけでこれ。
シーケムのヨウ素試薬。

Iodine test

とある理由で説明書は英語ですが、、、、なんとか解読してテストをば。
最初なので付属の標準液も(0.06ppmのはず)もテストしました。


Iodine Apr 27

ん? んんん?? んーー???

さっぱりです
ちなみに左が飼育水で、右が標準液。
せめて右の方はほんのり青くなるはずなんですが、、、、結果は純白!

うーん、ほぼゼロ? でも標準液もあるし。
いったいどういうことでしょう!?

この前からこんなんばっかです。涙)

とりあえずヨウ素添加剤入れて、あとでもっかい測ってみようっと。



<マグネシウム>

最後にマグネシウムです。
これも面倒ですが、ELOSのやつでキチンと測ってみましょう。

引っ越しの時にマグネシウムメディアをファーストステージに入れたので、
結構上がってるんじゃないかと期待。(今まではセカンドステージ)


まずは、3mlの飼育水を色が変わるまで試薬を入れる。 色が変わったのは24滴目でした。
。。。。ちょっとここですでにいやな予感。


次に新しく採った3mlの飼育水に色々入れて、また色が変わるまで試薬を入れる。
色が変わったのは、、、6滴目かな。

MG Apr 27


(最初の数 - 次の数)× 50 = マグネシウム濃度、らしいので、
(24 - 6) × 50 = 900 mg/L

低い~~~~!!


またもやダメダメです。
これも測定方法適当だからかな。。。


振って30秒待つとありますが、せっかちなので5秒くらいでサクサク添加してた気がします。
うーむしかし。

もう一度やってだめならセカンドリアクターの中身を全部 Mgメディアにするしかないかも。


前途多難っす~~


PhosphateとPhosphorus~HANNAはん頼んます

無事帰ってきました。

最近まじめに水質を測っていなかったので、
ZEOとか言うまえにきちんと水質を整えようと思います。

応用編の前にまずは基礎です。基礎固めです。



<比重>

これはアクアトロニカで随時表示されてるし、大丈夫でしょう。
1.025~1.026になるように調整しているので、無問題です。

でもちょっと心配なので、最近ヤフオクでゲットした
比重計(塩分濃度屈折計)を使って測ってみます。
今まで使ってたデジタル比重計はいまいち挙動がおかしいので、買い替えました。

Kussetsu


結果は、、、、、 なんと1.028
ちょ、ちょっと高くね? アクアトロニカ校正しなきゃ!!!



<NO3>

NO3は、RO水との比較でやってます。
RO水にNO3が含まれてたりするとアウトですが。。。。

NO3 Apr 24 1

!?!?!?!
水槽水に硝酸塩がこんなに!!!


いやいや、良く見ると、、、犯人はRO水だ!

そんなアホな!!!
RO水と水槽水を取り間違えたに違いない。
(ってそれでも大問題だが)


再度てすと。


NO3 Apr 24 2

どよ~ん。やっぱりROが赤い。
前にリン測った時にも嫌な予感がしましたが、
これはもうRO/DIフィルター腐ってる?

全交換しなきゃダメでしょうか。。。。。涙

つか、危うくこのダメダメフィルターの水を飲料水にするところだった。。。。



<PO4>

さて、最後にリンです。
いつもこいつが悩ましい。

ppbバージョンで結構上下するけど、ほんとにリン出てるの?
みんなppmバージョンだと結構ゼロになるっていうけど、実は僕もppmではかったらゼロなんじゃないの?

なーんて悶々としてました。
ちゅーわけで、HANNA ppmバージョンげっとしました。

え? ppb持ってるのに買うなんてちょっとアホっぽい??


いやいや、とある理由で若干安くげっとできたので、
1度使ってあとはヤフオクに中古品として売ろうかなーなんて。

さてさて、ppbとppmの違いは如何に!
ppmは本当に ppb×3÷1000になるのか!?!?
うちの水槽はほんとにリン酸まみれなんか!?!?

以下結果です。

水槽水のリン
PO4 Main Apr 24


ついでにRO水のリン
PO4 RO Apr 24


こ、これは。。。。。

水槽水はppbで47、今までの計算では3倍するので、0.14ppmとなるはずが、
表示されたのは0.01ppm

RO水はppbで18、これも0.05ppmとなるはずが、
表示は0.00ppm

一体全体なんでしょうか、これは。0.01ということにして喜んでいいのか!?
混乱してきましたが、可能性としては、

1)計算式が間違っててppb ×3 ÷1000 = ppm でなく、実はppb ÷3 ÷1000 = ppmである。
2)phosphorus(リン)とphoshate(リン酸)はそもそも違うものを測定しているのでずれて当たり前
3)HANNAの誤差の範囲内
4)どっちか壊れてる

うーむ。なんなんでしょうか。
さっぱりです。でも3と4は勘弁してほしい。

しかしこれ、実際どうなんでしょうね。
間違えとかじゃないとすると、うちみたいに

「ppb測定だとしっかり出てるけど、ppmで見ると0.01だぜ、ラッキー♪」
ならまだしも、

「ペレットやら吸着剤やらでppmでゼロになったぜ、と思ったらppb測定でリン出まくりやんけ」
なんてことになると暴動おきるんじゃないでしょうか。


だれかおせーて!!!
ていうか、説明書にきちんと記載してよ HANNAはん!
プロフィール

johnny

Author:johnny

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タンクメイト
タンクデータ
ミドリイシ水槽
1800x600x600 OF
Cielo (MB)×3
Cielo (CB)×3
Cielo (DB)×3
SC115(AB)×2
KDA500/ZC1300Ex2/ZC700x1
リーフオクトパス CR2200
ミラクルマッド
All-in-one Pellets 1000ml

ナポ水槽
600x500x500 ガラス水槽
Skimz SH-1 スキマー
外部ろ過 エーハイム2080
ZR75


ハタゴ水槽
600x500x600 アクリル水槽
ミドリイシ水槽と連結
EchotechMarine Radion XR30W G3 Pro
FC2カウンター
管理メモ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。