スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアトロニカがknock out?

最近アクアトロニカのネットワーク機能やPC接続機能を全く使っていなかったため、
ずいぶん前にラップトップも買い替えたし、再接続しようと、
Win8.1バージョンでも探すかとAquatronicaのウェブサイトを適当にみていると、、、

Ooops!
の文字とともに至る所にPage not foundのエラーが!

おいおい、と思ってMMCさんに連絡したところ、
アクアトロニカは人知れず買収され、しかもスタッフの入れ替わりが激しく、
ソフトのアップデートどころか、ウェブサイトの管理すらできていない状況のようだ。

MMCさんも取扱いを止める方向とかなんとか。

そういえば、Echotech Marineもですが、最近の新製品はどれを見ても、
APEXで水流のコントロールできます、APEXでLEDの調光できます、APEXで、、、、

誰もAquatronicaと連動する製品開発してくれない!!


そうです、知らない間に我らがアクアトロニカ陣営は、
APEXに完膚なきまでに叩きのめされていたようなのです。

まさに、関ヶ原の西軍、明治維新の会津藩のような、、、
あれ? いつの間にか、俺たち負け組!? 的な。。。。。

いやー、仕方ないとはいえちょっと切ないですねぇ。
そのうち、もっとセンサーが増えたり、LEDも調光できる製品が出たり、とか期待してたんですがねぇ。


あ、一応MMCさんに頂いたソフトウェア(ただし最新ではないので動作保証なし)で、
Win8.1との接続はできたので、当面は良しとしますが。


切ないですねぇ。。。
スポンサーサイト

Vortech MP60も沈黙

機材トラブルは続くもので、
南国で入手したVortech MP60が沈黙しています。

いや、沈黙というよりは、空回りしているというか。
ドライ側はおそらくグリングリンと回っているようなんですが、
ウェット側で空回りしているようで、ほんの気持ち程度の回転で手で羽を触ると空回りしてとまります。

MP40の方でも一度ありましたが中のシャフトが折れてしまったのでしょうか?
当然ハワイで買ってきたので、国内の修理サポートとか保障とかも受けれません。


そしてどうもこれ、分解できないような仕組みっぽいですね。
MP40はある程度素人でも分解できて、シャフトの交換とかリングの交換とかできるみたいですが、
MP60はウェットサイドを売ってるだけなんて、なんてバブリーな!







と、思いきや実はちゃんと分解できるようになってるそうです。
どこにも書いてなった(見落としか?)気がしますが、MP60の構造はMP10とほぼ同じなので、
同じように分解できるぜと、Brettはゆーてます。

ちなみにBrettさんは EchoTech MarineのService Managerさんらしく、
壊れてもーた、とサポートサイトから泣きついたら下記のようなメールが来ました。

-----------------------------------------------------------------------------
The first thing you want to try is cleaning the wetside.
Disassemble the wetside and soak each part in a white vinegar and water solution
(7 parts vinegar, 3 parts water) overnight, then rinse, reassemble and try running it.
I have included a video at the link below.
It shows how to disassemble the wetside of an MP10 which is designed just like the MP60.
Let me know how it goes, then.

http://ecotechmarine.com/media-gallery/video/proper-disassemblyassembly-of-mp10-wet-side-2/
Best,
-----------------------------------------------------------------------------

要するに分解して洗えと。
酢7割、水3割の水溶液に一晩つけこめ、ということのようです。
そんで分解方法は動画がupしてあるので見てくれとのこと。

一応クエン酸もありますが、どうしても酢じゃないとダメだったら困るので、
酢に漬けましょう。

Vortech MP60 dis 1

Vortech MP60 dis 2

Vortech MP60 dis 3


映像あると結構簡単にできちゃいますね。
いやーすばらしい。



White Vinegarが何なのかわかりませんが、
キッチンの奥深くに眠ってた、すし酢です。

Vortech MP60 dis 4


原材料は米、麹、、、多分白いでしょう。賞味期限は、、、、まぁ大丈夫か。

Vortech MP60 dis 5



漬けました。
Vortech MP60 dis 6




一晩置いてかなり綺麗になりました!
やっぱ酢は効きますねー。すげー部屋中すっぱい匂いが充満してます。


Vortech MP60 dis 7


そしてほぼ予想通りですが、
空回りする状態は変わりません。

Vortech MP60 dis 8


ディスクとスクリューが固定されていないので、
恐らく凸凹が削られてかみ合わなくなっていたんでしょうね。。。


取り合えずBrettにメールしてみました。回答がこれ。

-----------------------------------------------------------------------------
The propeller is actually supposed to be attached to the magnet. That part will most likely need to be replaced, so since the pump was purchased from Premium Aquatics, the part will have to be sent to us so that we can replace it and send out another part. Your only cost will be the shipping charges, to and from our headquarters.

To send that part into us, simply go to this web site and fill out the form to receive an RMA number and the address to ship the part to.
-----------------------------------------------------------------------------

要するにプロペラはマグネットに固定されてるはずなので、
分離してるってことは壊れてるってことだ、と。
(酢に漬ける必要ねーじゃん)

そして、壊れた部品はなんとタダで交換するとのこと!!

ただし、送料は負担してくれ、と。

ま、まぁそりゃそーですよね。しかしUSへの往復の送料か。
きついぜー。


しかし回答早いっす、次の日にはメールで回答ってすごいですね。
取り合えず送ってみます~~~

ペレットリアクター、無事復活しました

ところで少し前の記事で紹介した、網からペレットが漏れ出して
スキマーを機能不全におちいらせたペレットリアクターのBPH-1000ですが、
さすがにほっとくとリンが心配になってくるので、とりあえず問い合わせてみました。

すると
「ホームセンターで網戸用の網を買って貼り付けて下さい」
とのご回答。


へ?


いやいやいやいやいやいやいやいや
買ってまだ2ヵ月ちょいですよ!!!!



ちょっとブチギレたら、 丁寧にお願いしたら、
網のパーツを交換とのこと。

ひと安心です。っていうか、普通は最初から修理か交換でしょうよ。
ちょっと驚きましたが、結果オーライということで。


心配なのでとりあえずリンを測定。
PO4 June 01 2011

ん~~ 16 → 0.05ppmってことか。
悪くはないがよくも無い。
ppbバージョンでゼロになる日はくるのだろうか。



で、ペレットリアクターですが交換品は無事届きました。

Pellet flow 3


しかし、バクテリアがつかない様にスポンジでなく網にしたってことみたいですが、
ハッキリ言って問題じゃないっすかね。

ペレット使ってくうちにだんだん細かくなるわけで、
新品のころはゴロゴロリアクター内で攪拌されるだけでしょうけど、
細かくなると水流で流されるのも出てくるわけで、
網目も通り抜けるくらい細かくなっちゃうわけで、、、、、

結局またスキマー詰まるやん!



つーわけで、あまってた外部フィルター用のネットをチョキチョキ。

Pellet flow 4


なんとなくぴったりな感じ!?


動かすと、、

Pellet flow 5

おー、さすがにちょっと流速弱くなったけど、ちゃんと流動しとります。
さすがNJ-3000。MJ-1000の頃とはパワーが違います。


「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」
つい言いたくなります。

Pelletsの流動アップ!

ついに重い腰を上げてBio Pelletsのポンプを交換しました。
百聞は一見に如かず、ちゅーことで、こんな感じになりやした。


MJ-1000のとき
Pellets before


NJ-3000に交換
Pellets after


いやーーーはっは。
やっぱポンプっすね。


これでもーちょいとPO4下がるかも。
下がったら、次のステージだ!!!

MP60を設置!

買ってから1か月以上経ちましたが、VortechのMP60を設置しました。
なんというか、とんでもないパワーです。。。
また、見た目もかなりごっついです。


MP 60 1


せっかくなので、左にMP60、右にMP40で連動させてみました。

まずはショートパルスモード。

じ、地震か!?
と騒ぎたくなるような揺れ方です。しかもフルパワーでやるとエアかみまくり。

正直心臓に悪いです。
それに余震が来たときに増幅されそうなのでこれはやめときましょう。


なんとなくよさそうだったのが
EcoSMART モード
説明書に記載の図をみるとこんな感じのようです。

MP 60 2

いい感じにランダムな水流ができるんじゃなかろーか。
試してみるとなんとか、溢れずにいけそうです。

。。。。写真はなっしんぐ。
そのうち動画あっぷします。



そういえば1か月20日ぶり(!)に水替えしました。
さぼりすぎですね。。。。。汗)

RO/DI浄水器も、セディカーボンとDIフィルターを交換しました。
メンブレンは、、、、なんと格安店でげっとした交換用メンブレンが使えず、
こればっかりは純正のマーフィード製カードリッジを買うしかないようです。 なので保留。

TDSはRO/DI後で以前5とかだったのが、0に!


おなじみのリンは

飼育水
PO4 May 2011 Main


人工海水(クマリンシーソルト)
PO4 May 2011 Kumarin


RO水
PO4 May 2011 RO


てな感じです。
とりあえずRO水が、ほんとにROになったんで安心して水換えできます。

そしてまたリンが上がってきた。。。。。
重い腰を上げてBioPelletの流量あっぷしなきゃだ。



ついでに新入りの紹介です。

French May 2011


フレンチベビーです。
このくらい体格差があれば苛められないのでは!?


と思いきや水替え中に脱走し、クイーン、タンのみならず、
我が家では穏健派のタテキンさんやブラバンさんにも小突かれる始末。


とりあえず、確保できましたが、どうなることか。。。。
先は長いぜー。
プロフィール

johnny

Author:johnny

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タンクメイト
タンクデータ
ミドリイシ水槽
1800x600x600 OF
Cielo (MB)×3
Cielo (CB)×3
Cielo (DB)×3
SC115(AB)×2
KDA500/ZC1300Ex2/ZC700x1
リーフオクトパス CR2200
ミラクルマッド
All-in-one Pellets 1000ml

ナポ水槽
600x500x500 ガラス水槽
Skimz SH-1 スキマー
外部ろ過 エーハイム2080
ZR75


ハタゴ水槽
600x500x600 アクリル水槽
ミドリイシ水槽と連結
EchotechMarine Radion XR30W G3 Pro
FC2カウンター
管理メモ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。