スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパスダイビング-ヤッコ編

さて、キングエンゼルということで、メキシコはラパスにダイビングに行ってきたわけですが、
いろいろネタができたんで、小出しに報告しようと思います。

まずは、前回のネタからのヤッコ編。

いやー、ラパスといえばコルテス海(カリフォルニア半島の内側の海)
コルテスといえばコルテスエンゼル、、、かと思いきや、まず目につくのは、キングエンゼル。

キング、キング、キング。
どこ潜ってもどこ見てもキングです。
多い時には30~40匹が群れてます。王様だけにハーレムスタイルなんだろうか。

こんな感じです。

King1

全部捕まえて売りさばけば旅費くらいは軽く出るような、、、おっとイカンイカン。



岩についた海藻やカイメンをすごい勢いで食べる王様達。
King3

王様の威厳はどこに!?
てかもしや、キングのLサイズを5匹投入すれば、我が家のハネモ問題は解決!?


成魚のアップ&幼魚ちゃんのアップです。
King2
King4
幼魚はかなりシャイで、撮影ちょっと苦労しました。



コルテス海固有種のコルテスエンゼルも一応げっとしました。
比率としてはキングを50匹みたらコルテスが1匹見つかるくらいの感じかな。

コルテスとかコルテツとか呼び名はいろいろあるみたいですが、
Cortezというのは地元のスペイン語ではコルテスと読むらしいので、コルテスでいきます。


コルテスは1匹かペアでいることが多いですね。
しかもかなり鷹揚な性格のようで、ダイバーが近づいてもあまり気にしないです。

Cortez1


沈船ポイントの船の底の隙間に幼魚が2匹いました。
いやー、コルテスの幼魚は美しいですねぇ。
Cortez2


ちなみにこの沈船、全体がびっしりカイメンで覆われてます。
Wreck

岩も沈船も他では石灰藻やサンゴが広がってる風景をよく見ますが、
コルテス海では強烈に富栄養なのか、プランクトンが豊富なようでカイメンがいたるところに茂ってます。

サンゴはSPSは全くといっていいほど見られず、陰日性のヤギやキサンゴ的なものがほとんどでした。

プランクトンのせいで透明度はあまり良くないですが、
岩陰には2mmくらいのエビや魚の幼魚がうじゃうじゃいたり、
中層のもやっとした海水をじっと見ると、エビのゾエアがピコピコ動いてたりと、生命力に溢れてる海でした。

ちなみにクラゲもめっちゃたくさんいました。
痛かった。。。。。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あれれ GALの水着姿が無・・・

Kingなんてどうでもええよ。

Queenはどこ? アナタのQueenは?(超曝)

トワさんが待ちきれないって。。。^^

No title

Tankさん
遠くに見えるウェットのヒップラインから想像すると、あれが美しい彼女だと思いますよ^^v

◆Tankさん

ぶはは。水着はシバかれますがなぁ。

でもまぁ、そうですね。
大物編を書くときにちょっと写真いれますかぁ。

◆トワさん

ありゃ、ガイドのおっさんのケツですがな。。。。。涙)
プロフィール

johnny

Author:johnny

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タンクメイト
タンクデータ
ミドリイシ水槽
1800x600x600 OF
Cielo (MB)×3
Cielo (CB)×3
Cielo (DB)×3
SC115(AB)×2
KDA500/ZC1300Ex2/ZC700x1
リーフオクトパス CR2200
ミラクルマッド
All-in-one Pellets 1000ml

ナポ水槽
600x500x500 ガラス水槽
Skimz SH-1 スキマー
外部ろ過 エーハイム2080
ZR75


ハタゴ水槽
600x500x600 アクリル水槽
ミドリイシ水槽と連結
EchotechMarine Radion XR30W G3 Pro
FC2カウンター
管理メモ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。