スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木の街角で白い粉をゲット!

っと、若干刺激的なタイトルですが、
水槽がアゲアゲになる粉たちをゲットしました!!

硫酸マグネシウム 七水和物 (MgSO4・7H2O=246.48)500g
塩化ストロンチウム 六水和物 (SrCl2・6H2O=266.62)500g
ヨウ化カリウム (KI=166)100g

あとついでに引っ越し前の掃除用にクエン酸を3kgです。

六本木の某薬局で購入しましたが、水槽に入れるというとかなり変人扱いされました。
また、店員曰く、「業者によると水槽用に開発されたものがあるから、そっちの方がお勧めらしいよ」


知ってます。ええ知ってますとも。知ってますけど、高いんですよね!!!

規定量入れてるとストロンチウムとかヨウ素とかあっという間になくなるし、
マグネシウムメディア全然溶けてくんないし。
かといって、ヨウ素やめるとどうも調子が良くないような。

で、ヨウ素添加剤の中身って何? とかいろいろ調べるとどうも自分で作れそうな気がする。
というわけで自分でなんとかできそうな添加剤の原料を集めてみました。

yakuhin



さて、、、、、、と。
添加量の計算をして液状の添加剤を作る必要があるわけですね。
高校の途中で文系に特化したため化学の授業をひたすら居眠りしてきた過去を嘆きつつ、計算をば。



<マグネシウム>

MgSO4・7H2O=246.48 で、うちMgが24.305 なので、例の粉1gあたり9.86%のMgが含まれていると。
マグネシウム濃度の目標が1300ppmとすると、濃度を測りつつ添加するとして、
例えば50ppm上げるには、、、、

800,000 × 0.00005 ÷  9.86% = 405g
   水量800L         50ppm           薬品に占めるMG質量     投入水和物量

うむ、なるほど。405gか。
そうすると、、、、、あれれれ。今回買ったボトルがほぼ一発で空に!

マグネシウム恐るべし。
B社のマグネシオンが1日おきに5ml/76Lってことは、うちの水量だと500mlボトルが2日に1回
無くなるってことだから、、、、うーん、これはお得なのか。

マグネシウム専用のリアクターで調整したほうが良いような気がしてきた。。。。汗)



<ストロンチウム>

Mgで少しへこたれつつも、ストロンチウムも計算を。

SrCl2・6H2O=266.62で、Srが87.62、粉の重量に対して32.86%のSrを含むと。
天然海水のストロンチウムが8ppm、リーフタンクの目標値が12ppm。
また、デルフィスのストロンチウムが1日1回0.8ppm上昇させる量を規定量としてますが、
リアクターからも出てるでしょうし、週あたり3ppmくらいの添加がちょうどいいのでは。

800,000 × 0.000003 ÷ 32.86%  = 7.3g
   水量800L         3ppm           薬品に占めるSr質量     投入水和物量

これは、なんとなくいい分量な気がします。
週1回なら水溶液作っておいてもいいし、もしくは小さじ1杯投入とか!?


Mgに比べるとお得感もばっちり!



<ヨウ素>

最後に一番よくわからないヨウ素です。
レッドシーのテスターで見ても、0.06ppmより高いような or 低いような ってくらいしか判断できません。
これHannaのデジタルテスターが最も必要とされる成分じゃないでしょうか。

ヨウ化カリウムですが、KI=166のうちヨウ素は126.90なので、76.45%がヨウ素です。
ヨウ素は0.06ppmを目指すので、週1~2回添加するなら0.01ppmとかでしょうか。

ちなみにデルフィスはスキマー使ってる場合は3日に1回0.06ppm投入と言ってますが、
そんなに変動させて大丈夫なんでしょうか。 
ちょっとやりすぎな気もするし、ヨウ素は怖いので1回0.01ppmとして分量を計算します。


800,000 × 0.00000001 ÷ 76.45% = 0.0105g
   水量800L         0.01ppm             薬品に占めるI質量     投入水和物量


ふむふむ。では週一回 0.01gを正確に測って添加すれば、かなり添加剤代がお得に、、、、、ん?0.01g!?

って、これちょっとキツイっす。
桁とか間違えたら全滅とかしそうだし。 滝汗)

1回ごとに図るのはあきらめて、大量に水溶液を作って添加する方がよさそうですね。
ヨウ化カリウム、正確に測れる限界はせいぜい10gとかでしょうか。


10gをRO水100mlで溶かした水溶液を作って、その水溶液0.14mlを添加することで
0.014gのヨウ化カリウム、ひいては水槽全体で0.0134ppmヨウ素を添加することができていると、
計算が全部正しければ、なるわけですが、、、、ねぇ。

ちょっと具体的に使いそうなボトルとかも考慮にいれて、水溶液の感じを計算してみました。
ついでにストロンチウムも。

tenka zai 3



自分を信じるしかないですね。
文系ですけどたぶん割り算とか間違えてないと信じましょう。

これで、ストロンチウムは100回分なので週2回とすると、50週分、ほぼ1年分を確保できるわけです。
そんでもってヨウ素は、714回分、、、なので週2回として、確保したのは、、、7年分!!

まぁヨウ素は測定してかなり消費されてるようなら、毎日添加してもいいかも。
それならちょうど2年分だ。


さて、いろいろ考えてみましたが、なんとなく結論が出ましたね。

マグネシウム: やっぱしリアクターがいいかも。
ストロンチウム: これは塩化ストロンチウムの添加で行こうと思います。
ヨウ素: 一番心配ですが桁が間違ってなければヨウ化カリウムの添加で大丈夫でしょう。たぶん。。。


これで引っ越し後の水質管理もばっちりだ


最近水槽写真が全然載ってないので、最後にパシャっと。
トロロでモヤってしてる水景もこれが見納めだろう、、、、と願いつつ。

Main Feb 28 1
Main Feb 28 2



告知)
いつもこのくだらないブログを見にきて下さっている皆様。
ちょっとヨウ素添加しようかなーって感じの方がいらっしゃったら一声おかけください。

ちょうど、ノーブランドのヨウ素添加剤が、偶然、たくさん手元にございます。

ええ、もちろんお代は結構です。ぜひぜひ軽い気持ちでお試しになって下さいませ。
その代りと言ってはナンですが、その後どうなったか感想をお聞かせ下さいますようお願い申し上げます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めまして。
1.023入ったばかりの超Beginnerです。

是非ヨウ素を頂きたいなー と思い、いやしい気持ちで書き込みさせて頂きました。(笑)

No title

お疲れさま。
ほとんど飛ばし読みさせて頂きました。
この類の化学は理系でも中年にはキツイよ(笑)

クエン酸3kgはワロタ。

バックにゆらゆらした海草があっていい感じやね。。。Bom^^

引越しがんばってね。densukeさんしっかり使ってあげて。

◆fumiさん

はじめまして! コメントありがとうございます!

おお、ノーブランド ヨウ素の人柱になって頂けますか!? 笑)

1滴で800L用に調整してあるので、ちょっと濃度の調整が必要かもですね。
少し薄めたやつとかも作れますが、、、、どんどん精度が甘くなるような気も ^^;

◆Tankさん

いやー、僕もきつかったです。
これで計算大幅に間違ってたら、バカ丸出しな上に水槽大崩壊です。 滝汗)

引っ越し、結局これそうなのdensukeさんだけみたいでしたので、
一人で手伝っていただくのも申し訳ないので、集合はまた次回って感じになりました。
業者の方々&僕でがんばります。

> バックにゆらゆらした海草があっていい感じやね。。。Bom^^
ま、この海藻ゆらゆらも今回が見納めですので!!!
プロフィール

johnny

Author:johnny

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タンクメイト
タンクデータ
ミドリイシ水槽
1800x600x600 OF
Cielo (MB)×3
Cielo (CB)×3
Cielo (DB)×3
SC115(AB)×2
KDA500/ZC1300Ex2/ZC700x1
リーフオクトパス CR2200
ミラクルマッド
All-in-one Pellets 1000ml

ナポ水槽
600x500x500 ガラス水槽
Skimz SH-1 スキマー
外部ろ過 エーハイム2080
ZR75


ハタゴ水槽
600x500x600 アクリル水槽
ミドリイシ水槽と連結
EchotechMarine Radion XR30W G3 Pro
FC2カウンター
管理メモ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。