スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウに挑戦

アクア暦4周年を迎え、ついに禁断のチョウワールドへの突入を決意しました。

色々ハードルはありますが、やはり最初のハードルは餌付けでしょうか。
実は今日という日のために、常々餌付けのテクニックも鍛錬しておりました。



Butterlfy feeding

Butterlfy feeding 2


どーです?
天然のチョウ達を手玉にって見事な餌付けっぷりではないでしょうか。

注:世界中のどの海でもダイバーの餌付けは怒られますが、
  グァムは日本人観光客が多いからか、現地ガイドめっちゃ餌やってます。
  ホントは良くないんですけどね~~。  といいつつ大ハッスル。



で、こいつらは、、、と。

トゲチョウ、雑食性で性格も強く、丈夫、飼育も容易
スダレチョウ、雑食傾向が強く人工飼料にも餌付き易い、飼育も容易


ん~~ 
なんか水槽内でもラクショーな奴らのようで。もしやトレーニングになってない?

ま、とにかく餌付けテクニックはこれでばっちりでしょう。




気を取り直して、次は白点対策です。
確か我が家にもいくつかアイテムがあったような。


押入れで眠ってたターボツイスト
TT36W.jpg


余ってた光触媒底砂 Casis
Casis.jpg



。。。。。大丈夫かな?

ターボツイストはともかく、この光触媒底砂はほんとに効くんだろうか。


光触媒底砂 Casisの説明によると

「酸化チタンに紫外線が当たると水と酸素から活性酸素を生成され強い殺菌効果を生む」
「1. リン酸・ケイ酸を分解するため、コケの発生をかなり抑えられる
 2. 銅などの薬を使わずに白点病に効く。
 3. 水中の有機物を分解することにより、水の透明度が高くなる。 」
とあります。

なんもかんも分解して、透明度が上がって、病気も治るっていうのはちょっとムシの良い話ですなー。

光触媒についてちょいと調べてみました。


以下 Wiki引用
------------------------------------------------------------------------------------
1.強い酸化還元作用
酸化チタンの価電子帯の電子が紫外光で伝導帯に励起されると、比較的還元力の強い電子と非常に酸化力の強い正孔が生成する。従って、酸化チタンに適切な助触媒を組み合わせれば、水を酸素と水素イオンに酸化、また同時に水を水素と水酸化物イオンに還元するほどの酸化還元能を示す。つまり、水を酸素と水素に分解できる。このため本多・藤嶋の発見以来、酸化チタンを用いて水から水素を得ようとする工学的応用が研究されている。これは太陽の光エネルギーから、水素というクリーンエネルギーを生成することを意味し、夢のエネルギー循環サイクルといわれている。しかし現状では効率が低く(後述)、大規模な製品化には至っていない。
酸化作用を利用し、有害物質の分解なども試みられている。ただし有害物質の処理に関しては、他の処理技術のほうが効率や処理できる量の面で優れている場合が多い。そのため酸化チタンには、光照射だけでよい手軽さを生かした応用が行われている。たとえば病院の手術室の壁・床を酸化チタンでコーティングしておけば、ブラックライト(紫外光ランプ)を照らすだけで殺菌処理を行うことが可能である。この応用は既に製品化されており、一部の病院で利用されている[注 1]。
また応用として色素増感太陽電池と呼ばれる太陽電池も作られている。
-------------------------------------------------------------------------------------

えーっと、要するに紫外線を当てると強い酸化と還元を行う。
つ、つまり??



ぼかぁ文系なんで難しい化学の話は置いておいて、
この技術の応用分野を見てみれば、どの能力に長けているか理解できるというものでしょう。


説明文の「リン酸、ケイ酸解、有機物を分解して透明度up」ですが
他分野での使われ方を見てみると、
原理的には有害物質の分解に使えそうだが、処理能力が弱いため実用化されていないとのこと。

一方で、白点病に効くというのは、殺菌処理のことと思いますががこれは、
病院等で簡易殺菌として実用化されているということらしい。

そうすると有機物やリン酸の処理は置いておくとして、
殺菌能力の方はある程度効果が見込めそうですね。


白点の対策としてシストをどうやって取り除くかが良く話題に上りますが、
砂に落ちたシストを撃退してくれるのであれば、
水槽内で白点が大流行という事態は避けれそうです。


殺菌パワーを発揮するためにどのくらいの強さの紫外線が必要で、
MAXに付いているT5蛍光灯で十分なのか足りないのか。

おいおいレポートしていくとしましょう。





そして、砂とくれば次は岩。
色々調べたところによると、チョウチョウ水槽にはイザって時に
豪快に投薬できるようにライブロックを入れるべきではない、という説があるみたいですね。


確かに餌付けまでのつなぎとしてライブロックの付着物を食べさせるのは良いかも知れませんが、
長い目で見れば病気対策も必要です。

かといってギガンもコケだらけになると見苦しいし。

色々探してみたところ、
「熟成化石サンゴ、天然海水で1年以上熟成」というアイテムを見つけました。

要するにサンゴ岩みたいなのを1年間天然海水に漬けてたってことですかね。
なんか付着物もあんましなさそーだし、ポチっといっちゃいました。

Sango Iwa


さて、一通り準備はできました。
セットアップ後の水景はこんな感じです。

Max new start


いやー、ワクワクしますねぇ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

流木に海藻なんてどう?(笑)

ターボツイストの中にその砂入れるとか。紫外線効果で(爆)

No title

こんばんは~

ダイビングが趣味なんて、うらやましいです!
やっぱ高級魚には殺菌等が必需品なんですね!!
早くマーシャルティンカーの乱舞が見たいです!

◆Tankさん

流木に海藻だと淡水になっちまいますよー。笑)

ターボツイストの中に入れるアイデア一瞬考えたんですが、
ポンプ詰まるっす。
取り合えず底を撃退してくれれば良いかと思って。

◆有田海水さん

いやー、どうでしょうか。
殺菌灯つけても白点出るときは出てましたからねー。

メイン水槽の方は白点出たことはないですが、
Maxで色々飼ってた頃はたまにありました。

ダイビング楽しいですよー。
僕はダイビングの方から海水魚飼育にのめり込んで行ったタイプです。
プロフィール

johnny

Author:johnny

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タンクメイト
タンクデータ
ミドリイシ水槽
1800x600x600 OF
Cielo (MB)×3
Cielo (CB)×3
Cielo (DB)×3
SC115(AB)×2
KDA500/ZC1300Ex2/ZC700x1
リーフオクトパス CR2200
ミラクルマッド
All-in-one Pellets 1000ml

ナポ水槽
600x500x500 ガラス水槽
Skimz SH-1 スキマー
外部ろ過 エーハイム2080
ZR75


ハタゴ水槽
600x500x600 アクリル水槽
ミドリイシ水槽と連結
EchotechMarine Radion XR30W G3 Pro
FC2カウンター
管理メモ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。